Caring and buying

新築内祝いの選び方|贈って困らないものがベスト

新築時の内祝いに選ぶ品

カタログギフトも人気

着物の女性

住宅を新築した際に親族や友人・知人から新築祝いをいただいたら、相手への感謝の気持ちをこめて新築内祝いの品を贈るのが慣例となっています。
新築祝いをいただいた人を招いて新しい家を披露するのが本来の礼儀ですが、遠方に住んでいる人などは自宅に招くのが難しいものです。
そうした場合でも新築から1ヵ月または2ヵ月以内に新築内祝いを贈ることで、お祝いをいただいた人に対する感謝の気持ちを伝えることができます。
新築内祝いに贈られる品はいただいた新築祝いの3分の1から半額程度が相場と言われており、ギフト専門店には内祝いに適した品々が売られています。
新しい家が完成したことにかけて昔から新築内祝いの縁起かつぎによく使われていたのは、建物と入れ物の類似性に着目した食器類です。
火に強いことから鍋ややかんを内祝いに贈る習慣が見られる地方もありますが、現在では多彩な品々が内祝いに選ばれています。
中でも新築内祝いの品として人気を集めているのは、タオルや食品など実用性も兼ね備えた定番のギフトセットです。
調味料セットやコーヒー・紅茶のセットなどは日持ちがするため、贈られた人に喜ばれる新築内祝いとして多く選ばれています。
最近では洗剤の詰め合わせや日本茶のセットなども人気を集めており、新築内祝いに選ばれる品にも多様化の傾向が見られます。
新築内祝いに限らずさまざまな場面で贈られるギフトの品は、もらった相手に合わせた最適な品物を選びたいものです。
しかしながら相手の好みがよくわからなかったり、高価な新築祝いをいただいたりした場合は、内祝いに選ぶ品にも迷ってしまいます。
贈られた相手が自由に品物を選べるカタログギフトはそんな場合でも柔軟に対応できるため、新築内祝いでも多くの人に利用されています。
ギフト店や通販サイトごとに特色のあるカタログギフトが多く販売されており、仕事や引越しなどで忙しい人の間でも人気を集めているのです。

家を新築した時の内祝い

一軒家

新築の家が完成したら、次に考えるべきが新築内祝いと、新築祝いをくれた人への返礼です。
この時知っておきたいのは、「内祝い」とは慶事があった側が自主的に行うこともあるお祝いを指し、新築祝いをくれた人への返礼とはまた違うという点です。
このどちらを行うか、あるいは両方するのかといった点は、地域ごとの慣習にも大きく左右されます。
ですから、今後の付き合いのことも考えて、新築内祝いは周囲に確認してからどう行うかを決めるのがベストです。
特に新しい土地で家を建てたという場合には、新築内祝いの際、ご近所にもあいさつ程度のことを行っておくと、これからの生活にプラスになりやすいというメリットがあります。
そして、新築内祝いの内容は、大きく二つに分けられます。
まずは昔ながらの内祝い、新築の家に親しい人を招いてお披露目とおもてなしをし、お土産を渡す方法、そしてもう一つが、最近の主流であるお祝いをくれた人へ返礼として内祝いを贈る方法です。
あるいは、この両方を組み合わせて、招ける人は招き、遠方へは贈り物というパターンもあります。
このお披露目と返礼は、新築して入居してから1〜2カ月以内に行うのが一般的です。
ただし、いずれ内祝いをするとしても、お祝いを頂いたらその日のうちにお礼の電話をしたりお礼状を送ることや、内祝いに使うのしは「何度あっても嬉しいこと」を示す蝶結びにするといった、基本的なマナーはきちんと押さえておきましょう。

ネットが便利

ファミリー

新築内祝いとは新築祝いのお返しことです。
新築祝いより少ない金額の物を返すのが常識です。
いろいろなショップで購入できますが、ネット通販で購入するのがお得で便利です。
手書きをする必要もありませんし、いつでもどこでも簡単に短時間で頼めるのが魅力です。
新築内祝いはお祝いをいただいた方を招待するのが普通ですが、遠方など来ていただけない方には新築内祝いを送るのが一般的です。
いただいた品物の額の3分の1から半額分をお返しします。
新築内祝いの、のしの表書きは内祝もしくは新築之内祝となります。
水引きは紅白の蝶結びで姓、もしくは姓名を書いてもらいます。
現代ではリボンによる簡易包装も喜ばれます。
ネットショップの素敵な包装紙で豪華に贈り物を包んでもらうことが可能です。
ネットショップでこれらの表書きも書いてもらえますし、送料を払って送ってもらうこともできます。
主に新築祝いは、新しい家に見合う食器などの高額な品をいただくケースが多いです。
御返しには、その金額に見合ったものをたくさんのカタログの中から探していきます。
新築内祝い用にいろいろなセットが用意されているので、予算に合わせ相手の趣味にぴったりの品を探していきます。
各食品やスイーツ、コーヒー紅茶やタオル、他にもキッチンウェア、テーブルウェア、インテリア家電や石鹸洗剤などから自由に選べます。
カタログギフトも好評です。
新築内祝いを贈る相手の生活や趣向に合ったものを、さまざまな選択肢の中から探していくことができます。
生活必需品や消耗品が喜ばれる傾向にあるようです。
口コミや人気のランキングを参考にして新築内祝いを決めていくのも良い方法です。