Caring and buying

新築内祝いの選び方|贈って困らないものがベスト

内祝いの本来の目的

感謝の気持ちが大切

女の人

新築祝いをもらった後には転居後二ヶ月以内を目安に新築内祝いを贈ります。
新築祝いとしてもらった物の半額から三分の一程度の金額の物を選ぶのが、一般的なマナーとして知られています。
内祝いのことをお返しと捉えている方もいるのではないでしょうか。
この内祝いは本来はお披露目をするお祝いの会のことを指しているため、厳密にはもらったお祝いへのお返しというわけではないのです。
新築内祝いの場合、新築祝いをくれた方を新居へ招待して家の中や庭などを見てもらう機会をもうけるのが、本来の新築内祝いということになります。
しかし時代の流れと共にそのような風習は簡略化されました。
そのため新築祝いを贈ったからと言って新居を隅々まで見せてもらうのではなく、お礼の品を贈ることで新築内祝いとするのが現代では一般的と言えるでしょう。
新築内祝いで贈る品物はお祝いをくれた方が喜んでくれそうな物を選ぶのが良いでしょう。
単身者の方にファミリー向けの物を贈ったり、お酒を飲まない人にお酒を贈るようなことは避けたいものです。
どんな物を選べば良いのか分からないという方にはカタログギフトがおすすめです。
カタログギフトは様々なジャンルの品物から好きな物を選ぶことができます。
自宅まで配送されるので、重たい食器でも気軽に選べるメリットもあります。
金額もいくつか種類があるので高額なお祝いをもらった場合は、その金額に見合ったカタログギフトを届けることができます。
新築内祝いをどうしようか迷っている方にはおすすめです。

選び方のコツと魅力

風呂敷

新築内祝いとは、本来は家を新築した幸せを周囲におすそ分けすることをさします。
新築した家に友人や親族などを招き、御披露目パーティーを開き、ちょっとしたお土産を渡すまでの一連のおもてなしが本来の新築内祝いといえます。
このとき、高額な新築祝いを頂いたときは、後日感謝の気持ちで品物を贈ることがありました。
こうしたお返しも新築内祝いと呼びますが、現在ではこちらの意味が主流として使われています。
新築内祝いの魅力は、新築祝いを頂いたことに感謝の気持ちを伝えることができること、これからも家ぐるみでよろしくという気持ちを伝えられることです。
こうしたお祝い事のやりとりは、後々の関係性に関わります。
お祝いを頂いたら、きちんとお返ししておくことで、感謝の気持ちをきちんと伝えることができ、後々の関係性を良好に保つのに役立ちます。
新築内祝いを贈るときはいくつかマナーがあります。
贈る時期はもらってから一ヶ月から二ヶ月以内を目安に遅れすぎないようにすること、金額は半返しを目安にすること、品物は相手の負担にならず喜ばれるものを贈ることなどです。
金額はもらったお祝いの半額程度が目安ですが、高額なときは三分の一程度でもかまいません。
品物は、後に残るものより消耗品がふさわしいでしょう。
タオルや洗剤、コーヒーやお菓子などがよく選ばれています。
カタログギフトもおすすめです。
商品券などの金券類は少し生々しいので避けた方が無難です。

これさえ知っていれば安心

積み木

新居に移った際にお祝いを頂いたら、お返しに新築内祝いを贈ります。
新築内祝いを贈る時のタイミングは、一般的に転居してから一カ月もしくは、二カ月の間といわれています。
熨斗のマナーですが、水引きは蝶々結び、色は紅白もしくは金色、銀色の物を選びます。
そして、重要なのが、お返しという言葉を使ってはいけません。
新築内祝いとは良いことがあった家が、ご近所や親しい方々を招いてもてなす習慣の事なので、お返しという言葉を使うのは避けましょう。
続いて新築内祝いの品物の金額ですが、相場は頂いた品物の半額ぐらいの金額の物が一般的です。
中にはあまり高価な物を頂いていなかった場合や品物の値段がわからない場合は、品物を贈るのが難しいと思います。
そういう時には、相場にこだわらずに感謝の気持ちをしっかりとお伝えしましょう。
続いて新築内祝いの贈り物ですが、タオルなどの定番な物が喜ばれると思います。
この時に重要なのが派手な柄の物は避けましょう。
人によって好みは様々です。
この場合は無難な白を選ぶと喜んでいただけます。
もしくは、価格帯によってお好きな商品を選んでいただけるカタログギフトなどもオススメです。
他にもいくらあっても困らない石鹸や、洗顔などの消耗品などもオススメです。
当日引っ越しを手伝ってくれた方へのお礼も忘れてはいけません。
3000円から5000円の間を目安にお礼をお送りしましょう。
この場合は現金、もしくは商品券をお渡しするのがいいと思います。