Caring and buying

新築内祝いの選び方|贈って困らないものがベスト

お返しで喜ばれる品は

選べるカタログギフト

模型

新築祝いをいただいた場合、新築内祝いのお返しをするのがマナーです。
新築の場合、基本は新築のお披露目会を開き、お祝いをいただいた人を招待します。
内装がよく見える昼間に開催し、帰りに手土産を渡す、というのがお返しになります。
ですから、お祝いをいただいたすべての人を新築お披露目会に招待できたら、新築内祝いの品物を送る必要はなくなります。
ですから、新築内祝いの品物を送る場合は、お披露目会に招待できなかった人に対して、またお披露目会を開催しなかった場合にお返しを送ることになります。
そのマナーを知っておきましょう。
新築内祝いは昔、建物が完成したことに由来し、入れ物や器を贈る習慣がありました。
グラスやカップ、食器や花瓶などの「入れるもの」です。
また、家を焼かない、というところから由来したやかんや、火に強いということから由来した鍋、を贈ることもありました。
最近の新築内祝いは、相手が困らない、喜ばれるものを送りたいということから、個性の強いものは敬遠されがちで、少し高級な日用品や日持ちのする食品など、誰でも使えるものが定番となってきています。
それでも食器などを選びたい場合は、シンプルなデザインで、いくつあっても喜ばれるものを選ぶと良いです。
また、最近人気があるのが、カタログギフトです。
新築内祝いに限らず、さまざまな内祝いギフトとして定番となりつつあります。
いろいろなジャンルの商品から、相手の好きなものを注文してもらえるので、もらったけど欲しいものではなかった、ということが避けられます。
予算に合わせて個々にカタログを送付できるので、品物選びに悩むこともありません。

シンプルな定番商品

婦人

結婚式のように、日取りがきちんと決まっていない新築祝いは、内祝いを贈るタイミングが難しいとも言われています。
一般的には、引っ越してから1〜2か月をめどに内祝いを贈ることが多いとされていますが、なかには何らかの事情で遅くなったりすることもあるでしょう。
まずは新築祝いを頂いたら、お礼状や電話でのお礼を当日、もしくは翌日までに済ませておきましょう。
その後、1か月ほどの間にじっくり新築内祝いの品を選ぶといいでしょう。
新築祝いを頂いた場合の内祝いは、他のお祝い事同様だいたい3分の1から半額返しが基本となります。
ただし、あくまでも気持ちが大切ですから、相場は基本として心にとめておき、感謝の気持ちを贈るといいでしょう。
新築内祝いの品は、他の内祝いの定番ギフトを選ぶことが一番安心です。
ギフトタオルやお茶菓子、コーヒー・紅茶などは定番ですが、どこの家庭でも喜ばれる品となります。
インテリア用品を贈りたいと思っても家のインテリアというのは、住む人の好みが表れるものです。
自分が好きなデザインでも、相手の好みに合うとは限りません。
はっきりと好みがわからない場合は、シンプルな定番新築内祝いを選ぶことをおすすめします。
もしさほど高額でない新築祝いを頂いたということであれば、新築内祝いの代わりに新居へ招待をし、お茶やケーキをご馳走したりしてもいいでしょう。
お祝いを頂いてから、あまり期間をあけないよう気をつけて、おもてなしをしましょう。

タオルなどがおすすめです

男女

マイホームを建てた際に新築祝いをいただけるのはとても嬉しいものです。
この新築祝いには新築内祝いでお礼をします。
新築内祝いのマナーは新築祝いをいただいてから2ヶ月以内に贈ることにくわえ、いただいたものの半額程度を贈るのが相場となっています。
この新築内祝いで悩ましいのが何を贈るかです。
新築祝いを贈ってくださった方の人数が増えれば増えるほどそれぞれの方の好みも異なってくるので、何を新築内祝いとして贈るか迷ってしまいます。
そのようなときにおすすめの品がタオルです。
タオルであればすべての方が日常で使用するため安心して贈ることができます。
日常で使うタオルよりもワンランク上のタオルならば肌触りが抜群で吸水性にも優れているので、どのような方にも喜んでいただけること請け合いです。
またタオルであれば多少高価であったとしても気軽に受け取ってもらえるので、受け取る側に気を使わせる心配もありません。
マイホーム周辺の方への新築内祝いには石鹸がおすすめです。
石鹸であれば周辺の方への新築内祝いの品として手ごろな価格で購入できるほか、数をたくさん用意してもかさばらない点が魅力となっています。
またひとくちに石鹸といっても最近は様々なタイプが販売されているので、女性の方に喜んでもらえるおしゃれな石鹸も手軽に用意することができます。
新築内祝いを用意する際は手ごろな価格でたくさん準備できる、タオルや石鹸をチョイスしてみることをおすすめします。